スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困った社長の困った会社に要注意

とても興味を引かれる記事があった。

ダマされてはいけない……“対等な労使関係”と言う社長に

まずはリンク先の記事を読んで欲しいと思う。
どういう感想を持っただろう、でも確かに書いてある通りなのだ。

中小企業にはたいてい社長などのオーナーがいて、彼らにとって会社は自分の一部であったりする。
役所の場合、たとえ「省益あって国益無し」と言われても、役所自体が誰かの所有物のような感覚になっていることはない。あくまで職員はそれが公益にかなうと信じて省益のための仕事をしていたりするだけで、組織の利益と真の公益を混同することはあっても、鼻から組織を自分に属するものと考えている事はない。

けれども中小・ベンチャー企業の場合、それは明らかに社長の所有物であったりする。
そういう職場では、社員は社長の意のままに動くのが当たり前で、それが組織のためでない場合でも声を上げられなかったりする。もし意見するようなことがあれば、逆に恨みを買って嫌がらせをしたり、退職強要にまで追い込む事だってある。それくらいのことは平気でやるのだ。

そしてそんな経営をしておきながら、対外的には「ウチの会社は何でも自由に意見できるところだ」とか、「何でも提案を歓迎している」と平気で言うのである。それが制度として根付いて活用されているのでない限り、そういった魅力的な話はまずマユツバである。転職で会社を選ぶ時は、そういったことをまずうさんくさいと気付かなくてはならない。

そもそも労使は利害が対立するものであり、その緊張関係を前提としての話ができないような社長は、根本的な事が分っていなかったり、すべて権力で押さえ込んでいるだけの傲慢な社長なのだ。

実際、正社員といいつつ期間契約の労働契約書を結ばせたりする例はあるし、それに異議を申し立てると社長が逆切れするケースもある。実際のところ、社労士にとっても社長は顧客だから、嫌われまいとして黙認するのだろう。
そんな会社に入った社員は、結局ひたすら社長のイヌになって尻尾を振ってついて回るか、見切りを付けて辞めるか、闘うかのどちらかになる。違法な退職強要などに対しては法的な対抗措置もとれるのだが、そこまでする人は少ない。少ないからますます増長するのではないかと思うが、では実際にやったらどうなるのか。

ある会社で経験豊富なベテランの人が転職してきた。けれども社長はその世界でバリバリやってきた彼に対しコンプレックスを持ったのか、いろいろと嫌がらせをしてきたという。そして不当に安く抑えた給料も払わなかった。
そこで訴えたところ、さらに陰湿な仕打ちとして仕事をさせなかった。それでも給料を払わず、さらに対抗措置をとると、解雇という手に出た。

これは完全に違法で無効な解雇であり、裁判を続ければ続けるほど、会社は弁護士料を払わなくてはならないのにこの有様である。会社のためという感覚は皆無で、自分の小さな自尊心の方が大事なのである。
この件はまだ続いており、決着がついていないが、法的には完全に労働者側に分がある。

結局、大きな組織で働いている人にとって当然の感覚である「組織のため」という感覚が多くの中小企業では通用せず、それは「社長の自尊心ため」に矮小化されるということである。
そんな社長だから会社が小さいのだろう?と問いたくなるが、何も嫌がらせをする必要は無いはずだ。とはいえそんな会社が現実には少なくなく、人が定着しないということも事実なのだ。
ただ、職種や年齢によっては辞めても次を見つけるのが難しいことがあり、そういう時は非常に厳しい状況に置かれる。

権力をコントロールできない社長の器の問題、という言葉で片付けるのは安易に過ぎる。労使の関係、というか人間関係について基本的なことを守っていれば済む事なのに、それができない経営者があまりにも多い、ということではないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

指南人

Author:指南人
公務員が民間に移って働こうとした時に判らないこと、困ること、そんなことを書いていきたいと思います。必要な方は参考にしてください。ご質問・ご相談はこちら
■参考書籍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。