スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公と民 危機管理についての意識

口蹄疫に限らず、昨年度の豚インフルエンザや地震などの自然災害、事件、事故の際は、迅速で適切な対応が要求されます。

そういった時の公の役割がとても大きいことは、政府が機能していないイラクやアフガニスタン、ハイチの状況を見ればよく分るとおり。たとえ平時に暇そうにしている公務員も、一旦そういった事態に直面すると、馬車馬のように働かされることになります。
私も経験がありますが、そうなると、もうモチベーションだの何だのとは言っていられません。よれよれになっても、ヘトヘトになっても、とにかく終わるまでくたばらずに耐えるだけです。それはもう兵隊と同じレベルです。そういう次元では、仕事とは単に頭数になるということであり、集団への所属意識と報酬だけが心を支えます。

指示を出す方は大きな責任を負っていますから、上層部が真剣であればあるほど対応の規模は大きくなり、現場はしんどくなります。その対応にたとえ問題が無くても批判はされるし、文句は言われるし、叩かれもするわけで、公の仕事ならではのしんどさを味わうことになります。

民間の場合だと、責任範囲は最初から自分で決めておくことができます。負えない責任は最初から負わずに済ますことが可能です。けれども行政の場合そんなわけにはいきません。そもそもその外側の領域を仕事の範囲としているからです。
そういう意味で公の仕事は民間と比べ、大変な部分があります。一方、民間は生活の基盤と直結しているという切実さがありますが、基本的には無理なことには関わらない自由があります。

危機管理への対応は、阪神大震災以降とても重視されるようになり、その能力も向上してきました。ただ、逃げることのできる民間と、基本的に逃げられない公とでは、それへの考え方が根本的に違います。
公のためか私のためか、危機管理対応への考え方・意識は、公と民の違いが大きく出る領域だと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

指南人

Author:指南人
公務員が民間に移って働こうとした時に判らないこと、困ること、そんなことを書いていきたいと思います。必要な方は参考にしてください。ご質問・ご相談はこちら
■参考書籍

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。